Macユーザーとカメラ



LUMIX GF9+LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.

2020.3.17



3月17日に載せようとしていた記事、2ヶ月以上経ってしまった。


前回「GRやGXRで撮った写真が一番多いみたい。……なんでだろうなあ」と書いたのですが、
←偶然こんな記事「ニコン、リコーとMacを結ぶ、強い糸」を見つけて、30年を超えるMacユーザー(←自分のこと)は笑ってしまった。

 トップ3、ドンピシャだよ。

データが2011年と古く、この頃パナはデザインに変化が見え始めた頃、フジはX100が登場したばかり、ソニーのEマウントはNEXというブランドで、大ヒットのα7はまだ生まれていないので現在とは違っているかも知れません。 自分自身、今はパナもフジもソニーも所有しています。でも、パナは小さいカメラ・レンズに惹かれたから、ソニーは改造したCONTAX G レンズをオートフォーカスで使うためにα7II、富士フイルムはアナログ操作に魅力があったからで、これでなければという感情はありませ
ん。断捨離でどのカメラを残すかと聞かれたらやっぱりリコーだろうなあ。トップ3社から受ける印象は職人が作っているカメラ、後ろ3社から受ける印象は優秀なビジネスマンが作っているカメラ──個人の感想です── こだわっているところが違うというかなんというか。
Macも今でこそユーザーは増えましたが、20年程前は世界シェア2〜3%でWindowsの圧勝です。それでも生き延びたのはAppleのこだわりが一部のユーザーに受け入れられたからだと思います。ハードを作っているメーカーがOSも作っているので使い勝手がいいのは当然。例えばメニューバーの「林檎マーク」と「ファイル」と「編集」は生まれたときから不変です。極力ユーザーが迷わないようにということでしょう。その思想は隅々まで生きていて、Macの操作は「こうかな?」と感じると「そのとおり」ビンゴ!が多いようです。ワンボタンマウスも同じ。小さな子どもに複雑な操作をさせないためだったと聞いたことがあります。
リコーに惹かれるのもMacと同じような(職人的)こだわりを感じるからかも知れません。

さてどうやってカメラ・レンズを整理しようか。GRIIIはスルーのつもりだったけれど、手ブレ補正がついたし、画素数が約2400万になりクロップの実用度もあがったので、メインカメラの第一候補。
換算28mm、35mmのLUMIX G 14mm/F2.5やM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8とLUMIX GM1を処分、FUJIのXF23mmF2 R WRとX-E2も…。富士フイルムはホームページをリニューアルした際に探し方が悪いのかも知れないけれど販売終了機種のページへのリンクがなくなった。グーグルで検索してもニュースリリースが見つかるだけ。こんなメーカー他にあります? 先のX100VのPVの件もあり一部を処分するかな。それでもまだかなりのカメラ、レンズが残ります。(安物ばかりだけど) きっぱり決断できない……情けない。











20200202



RICOH GR

2020.2.2


2と0の日です。
色々なデジタルカメラを使ってきたけれど没にした写真を含めてRICOHのGRとGXRで撮った写真が一番多いみたい。理由は……なんだろうなあ。












コンパクトなカメラ



RICOH GR

2020.1.22


以前GRIIIはパスすると書いたけど… 今年はカメラを思いっきり整理すると宣言したけど… コンパクトなカメラが気になる、GRIIIが気になる。もはや病気。写真を撮りに行くぞと言うときはカメラの大きさは気にならないのですが、そんな気力もないし。街ブラで写真を撮るときはコンパクトなカメラに限ります。

コンパクトというのはボディーサイズだけでは決まらないです。下の写真はGRと名刺サイズの
Panasonic LUMIX GM5にパンケーキのG 14mm/F2.5 ASPH.を装着したものですがGM5はこのレンズでもでかい。GRがレンズを繰り出した状態よりも大きい。取り回しではレンズFIXの方が圧倒的に有利です。沈胴させればポケットにスルリと入るし。ただ、電源入れてモッサリとレンズが出てくるのはイライラするのでリコーから次期GRに対するアンケートが来たときに沈胴式は止めてと書いた。間違いでした、アホでした。GRIIIは起動を高速化したという。できたのか……ヤバイなあ。





1インチのハイエンドコンデジが各社から出ているけど、みんなズーム。撮影時にニョキニョキ伸びて戦闘モードになるのが嫌い。もうGRIIIしかないんじゃ?
と、そこへふと iPhone 11 Pro が… 値段もGRIIIとほぼ同じだし。究極のコンデジではないのか? 冷静に、冷静に。いやいや、あちらはスマホの中で完結するのでいかにデータを圧縮するかが本筋では? RAWで撮ってへたくそなりに仕上げる楽しみが減ります。それにスピーディーに撮れるのかも疑問。やっぱりGRIIIしかないのか。GRがSIGMAのDPみたいにシリーズ化されたらマジでヤバイな。それこそ他のカメラ全部処分してしまうかも。

おまけ。
これ(Finecam SL300R)がハイエンド仕様になって再登場することを願う。京セラさん撤退しちゃったけど。
ズームしても形状が変化しない超薄型カメラ。形状の変化はウエストレベル、アイレベルの変更時のみ。


■ウエストレベル撮影時 ズームしてもレンズそのまま





■アイレベル撮影時 もちろん角度は変更できる





■iPhone SE との大きさ比べ












またまたフィルムシミュレーションの話



FUJIFILM X-E3+XF35mmF1.4 R

2020.1.19


フィルムを作っている本家本元の機能名だからインパクトが強い。他のカメラメーカにはできない──ことはないと思うけど──富士フイルムのブランド戦略。コダックが本格的にカメラを作っていれば…。フィルムを使っていた人には懐かしくもあり、安心でもあり。デジタルから始めた人には、「ビビッド」「スタンダード」「ソフト」と呼ぶよりは何かカッコええ。厳密に言えばフィルムカメラの場合、色や階調にはレンズも影響してると思うんですが、まあ、野暮なことは言いっこなしで。

さて、このシミュレーションはどのフィルム?
答えは











栃木レザー



2020.1.14

日本を代表するブランド革。
植物性タンニンのみを使用し、手間暇かけて鞣されたヌメ革(オイルレザー)は独特のエイジングが楽しめます。
2年半ズボンのポケットに入れて持ち歩いていました。
人間もこんな素敵な時を過ごせればいいのだけれど自分の場合は老いぼれていくばかり。




製作当時の写真












2020



LUMIX GF9+LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH.

2020.1.9

Caputure Oneがバージョンアップしました。なんとver12からver20。
どれだけ凄いバージョンアップかと思いきやたいしたことない──まあ、ヘビーユーザーじゃないから使いこなせていないだけなんだけど。
これ、2020のことだよなぁ。
インストールしました。  Capture One Proの最新情報として↓これがあったから…



DNGファイルをサポート
壮大なDNGファイルを編集
DNGファイルをキャプチャするすべてのカメラモデル、ドローン、スマートフォンか
ら最も正確なカラーと鮮明なディテールを取得できます。

↑     
このぉ〜、やっぱりサポートしてなかったんだ!
 ←2019.11.19の記事




↓Caputure One ver20で現像した写真。とくに問題はありません(写真の出来じゃなくて色ね、色)





LUMIX GF9のDNGファイルを取り込んだとき

Caputure One ver12

Caputure One ver20





2020年、Hotophotodayが今の形になって10年、初回から数えれば20年近く。
色々あって、気力がなくなって…… 続けることができるかどうか。











Previous← →Next

C / A / T / E / G / O / R / Y

工作

革クラフト
No.59 ホック(フック)式ベルトポーチ 2
No.58 サコッシュを作ろう
No.57 財布専用ベルトポーチの製作
No.55 EVFポーチを作った

No.54 ロープストラップの試作
No.53 半裁バケッタレザーからリュックLサイズNo.52 ベルトポーチ GM5用に作り直す
No.51 余り革でショルダーポーチ
No.50 リュックとか3wayバッグ製作
No.49 リュックフォルムのトートバッグ製作
No.48 2つの顔を持つショルダーバッグ
No.47 カメラバッグの改良?
No.45 iPhone SEケース製作
No.44 お散歩カメラバッグ製作
No.43 自作 トートバッグ
No.42 続・続・腰の革袋(ショルダーポーチ)
No.41 自作 Lサイズ カメラバッグ

No.40 自作 ベルトフック
No.39 自作 A4サイズのショルダーバッグ
No.38 自作 ショルダーベルト
No.37 自作 腰の革袋
No.36 自作 2ウェイストラップまとめ
No.35 自作 ワイコン収納ポーチ
No.34 自作 革製レンズキャップ
No.33 自作 モバイルWiFiルーターケース
No.32 自作 GR用ソフトケース
No.30 グリップからストラップへ
No.29 改良 ストラップからグリップへ
No.27 自作 OVFケース
No.23 自作 GR専用ベルトポーチ
No.21 自作 GXR+S10専用ベルトポーチ
No.20 自作 続・外付けEVF対応ポーチ
No.19 自作 超ミニカメラバッグ 外付けEVF対応
No.18 自作 レンズ(GXRユニット)ポーチ
No.17 自作 脱着式ストラップ
No.16 自作 斜め掛けストラップ
No.14 自作 カメラベルトポーチ(縦型)
No.13 改造 GXR用ポーチ→自作
No.12 自作 カメラ小物用ベルトポーチ
No.10 自作 カメラバッグ(ポシェット?)
No.09 自作 RICOH GXRマウントユニットケース
No.08 自作 SONY NEX-5 グリップ
No.06 自作 カメラバッグ
No.05 改造 SIGMA DPケース
No.04 自作 SONY NEX-5 ボディースーツ
No.02 自作 ベルトポーチ

その他
No.56 
CONTAX Gレンズにフォーカスレバー
No.46 超広角レンズを比べてみた
No.31 簡易スタジオ改良
No.28 GXRのボディキャップレンズ再び
No.26 GXRのボディキャップレンズ製作
No.25 Tessar(再)&Nikon28mm(MINI)
No.24 MマウントTessar35mm 製作
No.22 自作 SIGMA DP木製グリップ
No.15 マウント改造 CONTAX G→M(1)
No.15 マウント改造 CONTAX G→M(2)
No.15 マウント改造 CONTAX G→M(3)
No.15 マウント改造 CONTAX G→M4
NEW
    ──フルサイズ&オートフォーカスへ──
No.11−
1簡易スタジオ(1)
No.11−
2簡易スタジオ(2)
No.11
3簡易スタジオ(3)
No.07 改造 Fuji Finepix E550 ワイコン
No.03 改造 SONY NEX-5 簡易EVF
No.01 自作 SIGMA DPグリップ

写真とか カメラとか


過去の記事〈備忘録〉
.................................................................................

2020 Index
2019 Index  2019 Top
2018 Index  2018 Top
2017 Index  2017 Top
2016 Index  2016 Top
2015 Index  2015 Top
2014 Index  2014 Top
2013 Index  2013 Top
2012 Index  2012 Top
2011 Index  2011 Top
2010 Index  2010 Top
.................................................................................

SIGMA DP1x───────────────
SIGMA DP2s───────────────
RICOH GR─────────────────
RICOH GXR────────────────
A12 50mm F2.5
A12 28mm F2.5
A16 24-85mm F3.5-5.5
S10 24-72mm F2.5-4.4 VC
P10 28-300mm F3.5-5.6 VC
MOUNT A12
■ Biogon 21mm F2.8(G改)
■ Biogon 28mm F2.8(G改)
■ Planar 35mm F2.0(G改)
■ Planar 45mm F2.0(G改)
■ Sonnar 90mm F2.8(G改)
■ Tessar 35mm F3.5(T-PROOF改)
■ Nikon LENS 28mm F3.5(Nikon MINI改)
■ SUPER EBC FUJINON 24mm F3.5(TIARA改)
■ Retina-Xenon 50mm F2
■ ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6
■ SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5
■ SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4
■ COLOR-SKOPAR 21mm F4
■ COLOR-SKOPAR 50mm F2.5
■ HEXANON AR 40mm F1.8

■ HEXANON AR 50mm F1.7
■ HEXANON AR 52mm F1.8
■ HEXANON 57mm F1.4(AR)
■ HEXANON AR 135mm F3.2
■ HEXANON AR 200mm F4.0
■ Micro-NIKKOR-P 55mm F3.5

■ NIKKOR 105mm F2.5
FUJIFILM X-E1─────────────

FUJIFILM X-E2─────────────
■ FUJINON XF23mmF2 R WR
■ FUJINON XF35mmF1.4 R
■ FUJINON XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
FUJIFILM X-E3─────────────
FUJIFILM X-M1─────────────
■ FUJINON XF27mmF2.8
■ FUJINON XF50mmF2 R WR
FUJIFILM XQ2─────────────
OLYMPUS E-PL1 ────────────
■ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 L
OLYMPUS E-P5 ─────────────
■ M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R
■ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH.
■ SIGMA60mm F2.8 DN
LUMIX GX7───────────────
■ LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH.
■ LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH.
■ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH.
■ LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH.
■ SIGMA60mm F2.8 DN
LUMIX GX7MK2─────────────
■ LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH.
■ LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH.
■ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH.
■ LUMIX G VARIO 35-100mm/F4.0-5.6 ASPH.
■ LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH.
■ SIGMA60mm F2.8 DN
LUMIX GF9───────────────
■ LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.
■ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH.
LUMIX GM5───────────────
■ LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.
■ LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH.
■ LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH.
■ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH.
LUMIX GM1───────────────
■ LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.
SONY α7 II ──────────────
■ G Planar 35mm F2.0(G)
■ G Planar 45mm F2.0(G)
■ G Sonnar 90mm F2.8(G)

■ HEXANON AR 40mm F1.8
■ HEXANON AR 57mm F1.4
■ AI Nikkor 105mm F2.5
SONY NEX-5 ──────────────
■ G Planar 35mm F2.0(G)
■ G Planar 45mm F2.0(G)
■ G Sonnar 90mm F2.8(G)

■ HEXANON AR 52mm F1.8
■ HEXANON AR 135mm F3.2
■ HEXANON AR 200mm F4.0
PENTAX ist DS ─────────────
■ DA 21mm F3.2AL Limited
Nikon F─────────────────
■ NIKKOR-H 28mm F3.5
■ Micro-NIKKOR-P 55mm F3.5
■ NIKKOR 105mm F2.5
CONTAX TVSII ─────────────
BESSA L + SWH 15mm ─────────
オールドコンパクトデジカメ────────
FUJIFILM FinePix A203
FUJIFILM FinePix F710 FUJIFILM FinePix F810
KYOCERA SL300R
MINOLTA DiMAGE S304
Konica Revio KD-510Z
Nikon COOLPIX900 Nikon COOLPIX5000
Nikon COOLPIX5400 Nikon COOLPIX4500
RICOH Caplio GX8
■ SONY Cyber-shot F77
.................................................................................

Bluebonnet
denpark
highwayoasis
広島県竹原市(DP2s)
岩倉市五条川 桜
なばなの里 春
エアポートウォーク(GX8 GXR+SWH15mm E-PL1)
南知多ひまわり畑(DP2s GXR E-PL1)
伊良湖──赤羽根(DP1x DP2s GXR E-PL1)
博物館明治村(DP1x GXR+CONTAX G改 E-PL1)
ミホミュージアム(GXR+CONTAX G改 E-PL1 GX8)
沖縄(E-P5 GR GXR GX7)
妻籠宿(E-P5 GX7)
New York(FUJIFILM XQ2)
.................................................................................

Capture Oneで現像してみたら…
 (続・なんちゃって19mm)
なんちゃって19mm RICOH DW-4
SIGMA DP2s 緑かぶり補正

EPSON PM-4000PX 廃インクパッド交換
EPSON PM-4000PX ノズルの洗浄
.................................................................................

(C) Copyright Photo All Rights Reserved