The contents of the lecture

──英検講座内容──




単語力アップ
例えば、「中2修了程度」と言われる4級を例に挙げた場合、教科書で習う単語数は約700〜800語であるのに対し、英検は約1,300語レベル。毎回の講座で単語テストを実施し、単語力を増強していきます。
英検はマークシート方式で、つづりを覚えて書くという解答形式はないため、読んで意味がわかる、あるいは聞いたときに意味がわかる、ということを念頭にどんどん覚えていきます。


リスニング力アップ
リスニングの配点は、5級50%、4・3級46%、準2・2級40%とかなり高くなっています。毎回リスニングテストの練習を行いますが、その級に応じた重要な会話表現をしっかり押さえておくことで点数もアップします。カードでキーワードとなる会話表現をどんどん覚えていきます。



文法力アップ
学校の教科書習得より先んじて受験する生徒がほとんどであるため、まだ習っていない文法事項もかなり出てきますが、片ひじ張らずに会話の形で口頭練習したり、フレーズとして覚えたりして、感覚的に身につけていきます。




本番前の模擬テスト
後半2〜3回は実際の時間と同じ時間で過去問題をやります。自分の弱点が見えてきて勉強すべきポイントが明確になるうえ、時間配分を考えながらやることで本番にも落ち着いて臨むことができます。また、試験後の解説の際にも繰り返し口頭練習をすることによって新出単語や文法、会話表現の定着をはかっていきます。



二次面接対策(3級以上)
一次試験の約1ヶ月後にすべて英語による面接試験があります。日常生活の中で生じる様々な動作を的確に表現する問題や自分の意見を述べる問題が面接官から出されます。1回目はクラス全体で、2回目以降は入室から退出までをバーチャルな形でマンツーマンで練習していきます。

 

Copyright(C) ウイング・エムズ All Rights Reserved.